銀行系の消費者金融ってどんなものなの?

キャッシングベスト3

銀行系の消費者金融の正体って結局何なの?わかりやすく教えて!

クレジットカードかカードローンを検討しているのですが、なんだか色々あって、よくわかりません!助けてください。まず、カードローンには、「銀行」と「消費者金融」という2種類があるということがわかりました。でも、テレビコマーシャルでやっているような、有名な消費者金融は、「銀行系」と呼ばれているということなのですが、それがよくわからないのです。

大手消費者金融も、調べてみると、取引先?保証?みたいな感じで、銀行と結びついているみたいですし、わざわざ「銀行系消費者金融」という呼び方をする理由もよくわかりません。銀行系の消費者金融の正体を知りたいです!

銀行系の消費者金融という呼び名は「安心感を増やすため」

ご質問者様の言う通り、カードローンには「消費者金融」と「銀行」があります。このふたつは、別物なのですが、確かに、大手消費者金融は、都市銀行や大手銀行などの銀行と結びついていることが多いですね。

このカードローンは消費者金融だか銀行だかよくわからない?という人もいるくらいですから、銀行と消費者金融の違いがあいまいになっているというところもあるようです。銀行系消費者金融というのも、その最たるものではないでしょうか。

銀行系消費者金融とは、そもそも、銀行の傘下にある消費者金融
のことを言います。○○銀行のグループである○○消費者金融というのが、「銀行系」と言うのですね。ですから、銀行系消費者金融は、銀行のカードローンではなく、一般的な消費者金融のカードローンとなんら違うところはないのです。借りる先は消費者金融なのですから。

かれらがわざわざ「銀行系」と名付けるのは、実際のところ、私たち消費者に、安心感を抱いてもらうため、と言われています。消費者金融よりも、大手都市銀行の方が、安心感が高いですよね。銀行は潰れないというイメージがあるからです。ですから、銀行系というふうに「銀行」の言葉をつけることで、消費者金融に安心感を増すのが、狙いなのです。

ですから、銀行系だからといって、サービスが消費者金融の中でも良いというわけではありません。消費者金融は消費者金融ですし、銀行は銀行です。銀行系という言葉に惑わされず、サービスの中身で比較したいですね。

銀行系の消費者金融ほど安全な金融機関はない

銀行系の消費者金融ほど安全な消費者金融は存在しません。そもそも、銀行というのは大口の融資を専門としてお金を貸していますので、一般の消費者には少額の融資をしていないのです。では、どこが少額の融資を実施しているのかと言うと、銀行の傘下に入って経営を行なっている消費者金融なのです。こうしたキャッシング会社が、少額融資のサービスを提供しています。

元々、少額融資に関するほとんどのサービスはこうしたキャッシング会社が考えたサービスです。キャッシングというのは少額融資のサービスの総称の事を言いますので、本来銀行が行なっているサービスとは全く相容れません。そのため、銀行は率先してサービスを提供できなかったのです。そうした背景から、既に存在していた大手のキャッシング会社を傘下に入れることにしたのです。

大手のキャッシング会社を傘下に入れることによって、銀行は一般的な個人に対して融資を行うことができるようになりました。そして、そのサービスの内容は他のキャッシング会社とは全く異なっています。まず、銀行系のキャッシング会社が提供するサービスは非常に安全性が高いと言う特徴があるのです。これはカードローンなどを見れば一目瞭然だと言えます。

元々、カードローンというのはクレジットカードに導入されているキャッシング枠の事を指していました。しかし、クレジットカードというのはそもそも現金を利用するために提供されているのではありません。むしろその逆で、現金を使わないようにするためにショッピング枠と言う枠を設けて消費者に利用してもらっているわけです。

そのため、本来考えられているクレジットカードの本分とは異なった用途になっているキャッシング枠というのは、その利用に限界があるのです。だからこそ、キャッシング会社が独自にキャッシュカードを発行して独自のサービスを提供しているわけです。これによって、より安全で低金利なサービスを実現することができるようになったのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【超速最速!】速攻でお金を借りたい人の為の優良金融会社紹介! All Rights Reserved.